青魚に含まれるDHA・EPAについての栄養や効果、必要性について説明しています

子供にこそ食べさせたいDHAやEPAの豊富な青魚

日本人は元々とてもよく青魚を食べる食生活を送ってました。イワシやサバ、マグロなど、日本人は普段からよく食べていたため健康にもよい効果が得られていたと考えられています。

 

 

こうした魚にはDHAやEPAなどの成分が豊富に含まれており、普段から食事の中でDHAやEPAを自然な形で食べる事が脳細胞を活性化したり、攻撃性が低く比較的穏やかな性格の国民性にも深く関係していると言われています。

 

 

健康面ではコレステロール値の高い人や高齢になってきて物忘れが増えてきたなど、脳の衰えが気になる人にDHAやEPAは有効な成分だと言われています。

 

 

脳の働きを活性化させる効果に関しては高齢者ばかりでなく子供に対する効果も非常に注目されており、学習能力を高める効果があることから特にDHAを積極的に子供に摂らせることが良い影響を与えると言われてきました。

 

 

マグロなどの目玉に豊富に含まれていると言われる成分であることから、一時期子供を賢くするためにマグロの目玉を食べさせることがブームになった時期もありました。

 

 

日本人の子供の知能指数が高いのは青魚を食べていることが関係しているというイギリス人の博士による記事が話題を呼んだことは記憶に新しく、わが子をより賢く育てたいと考える母親は、こぞってこうした食材に飛びついたことがありましたが、食事からDHAなどをとるためには、おいしく食べられることも大切です。

 

 

特別な食べ方をせずとも、普段の食事の中に青魚をよく取り入れたメニューにすることも子供を賢く育てることに影響を与えると考えられます。

 

 

子供にもお勧めできるサプリメントはこちら
美健知箋(びけんちせん)

 

 

おすすめリンク集